会計参与制度について

会計参与制度は、中小企業における会計業務実態を踏まえ、
その会計業務の中核を担っている税理士の専門性を生かし、
中小企業の計算書類などの適性を確保するためのものであります。
その適正性を対外的に明らかにすることにより、公的融資・補助金を含めた中小企業の資金調達の円滑化が図られるとともに、取引先の信頼確保や、株式公開準備などに資することになります。

会計参与とは

会計参与は、会計に関する専門家(税理士・公認会計士)が取締役と共同して計算関係書類を作成するとともに、その計算関係書類を会社とは別に備え置き、会社の株主・債権者の求めに応じて開示する事などを職務としています。
すべての株式会社は定款で会計参与を設置する旨を定めることができます。会計参与は主に中小の株式会社の計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるための制度です。